整理整頓と職場では叫ばれておりますが、実際、生活の場ではどうでしょうか

きれいに片づけるなら専門家にお任せ!不用品回収の頼み方と流れ

>

片付ける人の専門家、プロのチカラを活用するのもアリだよね。

綺麗に整理整頓できている部屋の魅力

第一に、埃を取りやすいのではないでしょうか。
出窓に人形や小物を飾っていたりすると、どうしても埃がついてしまいますよね。
そして、健康にもよくないようにも思えたりします。
なので、片付けたいと心の何処かに思っていても、実際に行動に移せるのは、何かのキッカケが必要になってくるとも思うのです。
それは、引っ越しであったりね。なので、片付けたいと思うのなら、引っ越しが手っ取り早いという人もいるくらいですからね。
でも、早々、引っ越しばかり、してられないですよね。
ましては持ち家や分譲マンションで暮らしていたりすると、片付けのために引っ越しなんて考えられないです。
ならば、現状の部屋を綺麗にする「この部屋のあるべき姿」を見える化することが、手っ取り早いのではないでしょうか。
そして、自分で取り組むか、それとも、専門家知恵を活用して、一気に終わられるかですね。待っているのは快適な空間です。

他者には不用品に見えても思い出の品々だよ

自分以外の人には、不用品に見えても、自分にとっては、思い出の詰まった品々ですよね。写真などもそうだよね。それを「片付けるから」という一言だけで、乱暴に扱われると、反発してしますのは当然だと思いませんか。少なくとも、私なら、反発してしまいます。かといって、乱雑な状態だと、最終的に困る人は誰?となると、周囲の人としては、ついつい手が出てしまうものです。同じように災害で写真をなくしてしまった人の辛さは相当なものだと思います。幼少の頃、よく母親に言われたものです。「そんなに大事なら、キチンと片付けなさい」と、ね。今となっては、懐かしい話ですが。そもそも、片付けてある状態を体験したことがないのかも知れないなと、思ったりもしております。ついつい、定位置におくという習慣が付いていないのです。これって、生育歴と関係があるようにも思うのですが、いかがでしょうか。


この記事をシェアする