整理整頓と職場では叫ばれておりますが、実際、生活の場ではどうでしょうか

きれいに片づけるなら専門家にお任せ!不用品回収の頼み方と流れ

>

現場は、どんな状態なのでしょう。

片付いていない状態とは?

どこに何があるのか、わからない状態って、時間や労力の無駄になると痛感している私です。
できることなら、専門家の人に家具の配置や動線の確認などを行って欲しいものです。でも、それって、きっかけがないと依頼できなしし、価格もきになるところでしょう。
もしも、安価に支払いができるのなら、是非とも、頼ってみたいと思うのは、私だけではないように思えますが、いかがでしょう。ここではない、どこかに行く気分転換もあるだろうけれど、実際に生活している空間を快適に過ごしていくと、旅行に行った気分でゆっくりしたくつろぎの時間を作ることもできるかもしれないですね。
それって、整理整頓をした結果、これまで物置として使っていたベランダが、オープンテラスのように様変わりするかもしれないですからね。

片付けたいけど、できない人

性格の問題もあるかもしれないですが、脳の特性として、片付けが苦手な人がいるかも知れないと思うのです。発達障がいのかたや、学習障がいの方のようにね。
また、それまで生活してきた環境にも寄るところがあるかもしれないですね。
そんなとき、身近な人の、ちょっとした協力があると、本人はもちろん、その周囲の人も快適に過ごせるとも思えてきます。
したいけど、できないという特性を持っている人が存在しているということを、知っておくことが諍いをなくすことにもつながると思えます。
しかしながら、そんな特性を持っている人かどうか判断する人や環境も見過ごせないですね。
当事者としては、悪いレッテルを貼られたような気分になると、本末転倒となってしまいかねますものね。違いに、快適に暮らしていきたいと願うだけです。


この記事をシェアする